選択されているタグ : PWC

タグを絞り込む : USA ポルトガル

[test]PWC Serbia Day7

8/17 最終日
スタート後、さらに積乱雲が発達し、雷が鳴り始めてタスクストップ。

閉会式は、雲中にはいった・入らない の長い長い抗議の決着後、夜9時からの開始。

まずは、地元スタッフの紹介。回収ドライバー、レスキューチーム、ランチパックガールズ、オーガナイザーと続きます。50名以上のボランティアで成り立っています。

その後、PWCチームの5名。表彰式は、まずチーム選。当然ながら、グライダーメーカーチームが強いですね。続いて女子、宇野ちゃんが5位入賞。IP6と相性がいいようです。(XSサイズなのによく飛ぶ‥)

そして、総合は 10位から表彰です。見てのとおりミドルエイジが多数です。PWCの参加者も、年代が幅広く、みんな競技を楽しんでいるすばら環境だと思います。来年、一緒にチャレンジしませんか?

フランス、セルビアの参戦で、色々な課題も見えてきたので来年に向けて、レベルアップしていきたいと思います。まずは、国内の後半戦でさらに上位を目指したいと思います。

8/18 隅 秀敏



[test]PWC Serbia Day6

8/16
低い雲が垂れこめていて、微妙なコンディションのなか,北斜面テイクオフ(D01)へ、移動。タスクコミッティーのテーブルでは、チェスが白熱。待ち時間が多そうです。


TASK 4
スタートシリンダーのあとは、A20までの一直線コース 46km ,A20は、昨日ドライブしたその先で、深い谷の中で「おろすところないねぇ」って言っていた場所を越えて行かなければなりません。14:30 スタート。一斉に、A20へ向かいます。

今日はチャレンジ「上げきるよりグループから離れないように早めに移動。」を心がけます。すると、移動した先のガーグルにいい場所で入れ、どんどん先に進めます。最後の深い谷の手前で、スタックする先頭グループに追いつきました。いいチャレンジできました、あとは要所での判断です。

先頭グループは、そのまま、A20に直行する谷に向かいます。後続は、右に大きく迂回し尾根後え方向に流れていきます。谷の中に集団で回しますが「全然、上がらない!」一機一機と、谷の中の駐車場にランディングしていき,先頭グループは、そのまま撃沈してしまいました。

距離:38km ゴールできず。
いいチャレンジできました、あとは要所での判断です。


[test]PWC Serbia Day5

8/15
朝から、キャンセル発表。
地元のオーガナイザーから、観光ツアーの情報をもらい‥‥
 ・世界遺産は、二ヶ所(B21、A20)。
 ・古い教会が、二ヶ所(B14、B48)。
 ・景色のよいところ(B50)
 
って、ターンポイントは観光地で設定していたのかっ!
Japanメンバーで、世界遺産ドライブツアーとなりました。
明日は、空からまわるぞ! 



[test]PWC Serbia Day4

8/14 TASK3
今日は、北斜面テイクオフ(D01)。

午後に風が強くなるとの予想で短めのTASK3 設定、57km。
ダミーが上がらす、ゲートオープンできません。
1時間ほど待って、13:30 ゲートオープン。 Start 14:30。


なかなか上がらない谷の中で少しずづ高度を稼いぎ、よく上がるANT山に移動してさらに高度を稼ぎますが、昨日までとちがって 2000mぐらいです。


スタート。強い追い風に乗って対岸のTPを目指します。対岸では、さらに風が強くなっていて、飛ばされないようにするのがやっとです。タスクキャンセル、安全な広い場所を探してランディング。


グライダーパッキング後は、雑貨屋へ移動。ビールがよく冷えています。今晩は、8:00からプールサイドでパーティー。ラキァ(プラムから作った蒸留酒)を飲みすぎない用に気をつけないと!


[test]PWC Serbia Day3

8/13 TASK2
今日は西テイクオフ(D2)

道路は、整地されていますが上り坂がきつくて、ハイクアップ。 テイクオフには、強めの風が入っています。


TASK2 77km Start 13:30  Close 18:00
テイクオフして、強力なサーマルで 3000まで一気に上昇。スタートシリンダー付近に移動、20分前。全員が有利な場所で待機するので混んではいますが、雲がない分,安心してウェイティングできます。


TP1(北側アンテナ)⇒TP2(コソボ国境側)のアゲンストレグで差がついていきます。
一緒に飛ぶのは、IP6に機体を替えた うのちゃん。スピード、グライド もバッチリです。

TP3に到着。すでに高度を使い切っていて、地上50mぐらいの厳しい状態。3機で必死にサーマルを探しますが、1機がランディング。次は、こっちの番か?降りれそうな、牧草地に向かっていると、かすかな上げがあります。回しているうちに、どんどん上げがしっかりしていきます。

そのまま、雲底まであげきれてリターン。その後は、追い風+雲底で 落ずにどんどん進めます。進んでいるうちに Flymasterが 「ゴールに向かえ」と鳴り出します。「まだまだ、TP4⇒TP5はアゲンストレグだから、高度獲得。」TP4で、再度雲底につけて、ファイナルグライド開始。

10Kmグライドして、ゴール上空に到着。Serbiaで 初ゴールできました。


ランディングすると、ゴールビールがまっていました。
「ぬるい」
ゴールが遅くてあったまったとのこと。
「明日は、ビールが冷えているうちにゴールしようっと!」