選択されているタグ : 獅子吼

タグを絞り込む : デサントバードマンカップ

[test]第31回デサントバードマンカップ獅子吼 大会レポート

デサントバードカップ獅子吼2012は、7月28日、29日の梅雨明けに合わせてスケジュールが組まれました。北は仙台市から南は北九州市から集まった80名のパイロットは期待通り夏の獅子吼高原らしいコンディションに巡り会い思う存分日頃のフライト成果を発揮されたことと思います。



大会初日競技委員長からはN2リーグタスク1は35kmのアウトアンドリターン、チャレンジリーグは28kmの3角パイロンレースが発表されました。12時30分のデパーチャーオープンに合わせて飛び出したのがデサントバードマンカップで過去にチャレンジリーグ優勝、N2リーグ優勝を達成している廣川選手。今回はオープン参加での優勝を目指します。オープンクラスの大御所達はじっくりコンディションを観察し一番良いタイミングでスタートを切っていきます。N2リーグはオープンクラスの大御所達が最速タイムをたたき出し、廣川選手にリードアウトポイントを加算してもトップに躍り出ることができず小幡選手のタスクトップで終わりました。この時点で、N2リーグのトップは薬師寺選手、2位中村選手、3位佐々木選手となりました。


そして、チャレンジリーグのデパーチャーは13時15分のオープン。途中コンディションが渋くなる中、粘りに粘ってゴールを決めた西尾選手が最速タイムを出した虎井選手をリードアウトポイントで上回るタスクトップを取りました。


大会初日は両リーグ合わせて48名の選手がゴールを決めたタスクとなり、スカイ獅子吼高原のレストランで行われた歓迎レセプションは大いに盛り上がりました。大会実行委員長からは、N2リーグトップの薬師寺選手、チャレンジリーグトップの西尾選手に特別賞が手渡されました。また、恒例の大道芸人のパフォーマンスも楽しめました。そして、デサント社からのご来賓松山様から豪華デサント商品は、選手及び関係者にじゃんけん大会で争奪されました。




大会2日目は予報に反して曇り空の朝を迎えました。クラウドベースが低く、サーマルも弱いということで、空中での混雑を避けるため競技委員長はレースをスピードランに設定。
とにかく最速タイムを出した選手がポイントを上げるスピードランは、コンディションを如何に読み切るかが勝負の決め手となります。

N2リーグの選手は最速タイムのゴールを目指し、クラウドベースの上がった一番良いタイミングまで待ちに待ってテイクオフしますが、結果的にゴール者はなくじっくり最長距離を飛んだ佐藤選手が初めてのタスクトップを取りました。来月トルコのプレワールドに参戦する予定ですが、その前哨戦となるデサントバードマンカップで大会参加4年目にしてその飛びがブレークしたようです。

チャレンジリーグは渋いながらも、9名がゴールするタスクとなりました。そして、この日のトップは平均時速31kmでタスクをコンプリートした虎井選手。昨日に引き続き最速タイムで圧巻のゴールを決めました。


夏の獅子吼高原で開催されたデサントバードマンカップ獅子吼2012は2012年度各リーグ戦中盤戦のレースとして、2本のタスクが成立し、参加した選手は自分の実力を確かめるのに良いレースとなったと思われます。リーグ戦に計上できる高得点をタスク1で取得した選手も大勢いるようで今後のJPAリーグ戦が楽しみになりました。


N2リーグの成績は、3年前金の獅子頭杯に名前を刻んだ中村選手が2日間確実な飛びを見せ優勝。準優勝は2011年度リーグチャンピオンの佐々木選手。そして1年ぶりにレースに復帰した薬師寺選手が堂々の3位を勝ち取りました。N2リーグで特筆すべきは、EN-Bのグライダーで参戦していた地元の小森選手が総合6位に入賞したことです。地元の新聞でも取り上げられ日頃の練習の成果を十分に発揮したレースとなりました。


チャレンジリーグ総合優勝は、早く飛ぶことを身につけている虎井選手です。今年のリーグ戦彼のレースからは目が離せなくなりそうです。

梅雨明けと同時に開催された第31回デサントバードマンカップ獅子吼2012は、好天に恵まれ大盛況の内に幕を閉じました。獅子吼高原で最も天候が安定するこの時期に大会を開催できたことを、御協力いただきました地元関係者の方々、JPAスタッフの皆様に感謝いたします。そして、来年もこの時期の開催を目指してスタッフ一同準備を初めて行く次第です。選手の皆様、又来年も夏の獅子吼の空で会いましょう。