選択されているタグ : 四国三郎ジャパンカップ

[test]四国三郎ジャパンカップ2017


四国三郎ジャパンカップ2017 大会レポート
            大会実行委員長 SkyTECフライングアカデミー 宮田 歩

2017年JPAナショナルリーグ最終戦となる「四国三郎ジャパンカップ2017」。今年も美馬スポーツ協会の協力をいただき、徳島県美馬市三頭山エリアにおいて開催です。今回は2017年ナショナルリーググランプリ対象大会でもあり、最終戦リーグランキングにも大きく影響するこの大会が注目されます。全国から45名の選手が集まりました。




11月10日(金)
公式練習日。大会準備と練習に多くの方が本部となる四国三郎の郷に集合。午前中は本部の設営。午後からは三頭山テイクオフの設営を行い、その後選手には練習フライトとなりました。高気圧に覆われ、安定した大気のせいで穏やかにフライトすることができ、選手には良い肩慣らしになりました。準備は万端、明日からの本番に備えることができました。





11月11日(土)
大会初日。早朝に寒冷前線が通過した時雨の朝です。この季節の、寒冷前線通過後は終日風が強く、主催者は安全に競技フライトができないと判断、残念ですが、朝の受付で競技中止が発表。そして、大会本部で開会式とブリーフィングが行われました。

開会式では四国電力から送電線への注意をいただきました。そして恒例となった選手全員での「送電線注意ヨシ!」指差し確認ヨシ。十分注意します。ありがとうございました。

開会式後は明日の北風予報に備え、初めての方対象に水の丸エリア見学ツアーが行われました。選手だけでなく、ドライバースタッフの皆さんも道を覚えてていただき明日に備えます。





11月12日(日)
西から移動性高気圧に覆われ晴れ予報。上空には寒気が入り込みサーマル活動も期待できます。三頭山テイクオフレベルも北風予報に、予定通り水の丸テイクオフへ移動となりました。





1500m近くの雲は多めでしたが、西から晴れ間が広がってきています。タスクコミッティはグランプリ成立を意識した51Kmのタスクを設定。吉野川を東西に往復するオーソドックスなタスクですが、吉野川両岸を使ったコース選択ができるように大きなシリンダー設定となっています。






11:00のウインドオープンと共に選手は次々とテイクオフ。上空の雲底で待機し、11:45空中で一斉にスタート!吉野川を一気に横断していきます。集団は紅葉温泉尾根から、三頭山テイクオフまでいくつかの集団に分かれましたが、最初に南斜面で上げきったのはセオリー通り紅葉温泉だったようです。




トップ集団を引っ張るのは立山の藤野選手、扇澤選手。そして浜名湖の中村選手。1500mのクラウドベースまで上げきった選手は、香川県との県境付近に形成された上空の北風によるコンバージェンスのってさらにスピードを上げていきます。

13時を過ぎても心配されていた高層雲は現れず、先頭集団もスタックすることなくゴールまで進めそうです。こうなるとファイナルグライド勝負になりそうです。大会本部ではライブトラッキングでこの様子を観戦。さあ誰が最初に走り出すのか!?十分な高度を獲得している様子ですが、牽制しているのか!?ヤキモキしましたが、やはりこの人扇澤選手がファイナルグライドヘ!続いて藤野選手。トップ集団の選手も追従します。

十分な高度でグライドしているため、ゴールカットは確実。こうなるとフルスピードで飛ぶ扇澤選手に誰も追いつくことはできません。1時間45分でゴールカット!2位藤野選手に2分もの差をつけ余裕のトップゴール飾りました。その後も続々とゴール者は続き、最終となった片桐選手は3時間28分と素晴らしい粘りのフライトで36名目のゴールを飾りました。





1本タスクのみでありましたが、2017年ナショナルリーググランプリも見事成立。グランプリチャンピオンはベテランの扇澤選手。2位は藤野選手。3位はPNL初表彰台となった星田選手。女子チャンピオンは総合成績でも10位に入った宇都宮の吉川朋子選手でした。多くのゴール者で2017年シーズンも笑顔で締めくくることができました。皆さんおめでとうございました。






2017ナショナルリーグランキングも確定です。2017年リーグチャンピオンは広島の高杉選手。女子リーグチャンピオンはやっぱり吉川朋子選手。悪天候で成立本数が少なかったシーズンでしたが、やはり強いパイロットは勝つ!流石ですおめでとうございました。2018年は打倒2人のチャンピオンです。皆さん頑張ってください!




来年も最終戦のドラマがある、この四国三郎ジャパンカップは11月に開催予定です。皆さんの挑戦をお待ちしております。



最後に、ご協力いただきました美馬市、美馬スポーツ協会、VANスカイスポーツ、そして遠くからお集まりいただき、お手伝いいただいたスタッフの皆さまに、本当に感謝いたします。ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。


[test]2016 四国三郎ジャパンカップ


                      レポート 大会競技委員長 宮田 歩

2016年PNL最終戦となる四国三郎ジャパンカップが、徳島県三頭山エリアで開催です。シーズン中盤は天候に恵まれなかったPNLですが、ランキング上位選手は僅差で争っており、勝負はこの最終戦までもつれ込んできました。果たして逆転劇はあるのか!?いよいよ開幕です。

25日(金)
練習日はやや強めの北風でしたが、ウォームアップを兼ねた選手が多く来場。大会本部設置テイクオフの整備を手伝っていただいた後、練習フライト。やはり上空の北風は強くフライダウンのみとなってしまいました。お手伝いいただいた選手の皆さまありがとうございました。



26日(土)
前日までの北風は収まり静かな夜明けです。心配された雲海にはなりませんでしたが、吉野川の谷底はかなり冷え込むことになりました。しかし、大会本部は選手の熱気で熱い!7:30の受付後、早速三頭山テイクオフへ移動開始です。



テイクオフで行われた開会式では、地元美馬スポーツ協会会長をはじめ美馬市商工観光課長様にもご挨拶をいただきました。この大会は地元の後援あって初めて開催ができています。本当に感謝です。ありがとうございます。そして、四国電力様からは送電線についての注意をいただきました。恒例となった「送電線注意ヨシ!」みんなで指差し合唱し、安全意識を高めます。




開会式が終わったころから、強く吹いていた東風は本流の南風になるにつれ風速は収まってきました。吉野川谷にガッチリ張り付いていた接地逆転層も少しずつブレークしてきているように見えます。タスクコミッティは、12時ウインドオープンに合わせたタスクを設定。そして、逆転層の押し上がり状況で、シリンダー半径でタスク距離を調節することにしました。





テイクオフ北側にある竜王山上空に積雲ができ始めたことを確認し、タスク内容は最終決定。39.3Kmのレースが発表されました。ヘリコプター防災訓練飛行の終了報告があり次第ウインドオープンです。選手はいつでも飛び立てる状況で待機します。





いよいよ訓練終了報告があり、12時にウインドオープン!選手は次々に飛び立っていきます。テイクオフ前の逆転層はまだブレークしておらず、中々抜けきることはできませんが、選手は何とか空中にステイ。12:45のスタートまでコンディションの好転を待つことになります。そして、最初にテイクオフ北側へアタックしていったのは只野選手。テイクオフ台地から上がるサーマルでみごと逆転層を抜けきります。他の選手も追従しガーグルを形成。サーマルトップ1000m と低いものの50%選手は高い位置からのスタートすることに成功!






先頭集団を引っ張るのは、廣川選手。見切り良く尾根先を飛び、最初にテイクオフ前に戻ってきました。しかし、このころには高層雲がはりだし、日照を弱めます。ペースは一気にスローダウンし、生き残りゲームの展開に・・・。日照が弱まれば、頼みの綱であったバレーウインドも収束していきます。それでも紅葉温泉尾根、三頭山尾根には僅かな上昇風を求めて、選手が集まりコンディションの好転を待ちます。




そんな中、モーターランド北東側に入り込んだ扇澤選手、矢野選手は傾斜の大きな南斜面で何とかトップアウト!そして、扇澤選手は絶妙なライン取りで三頭山尾根を北側でパス!稜線に沿った僅かな上昇風で東へコマを進めます。一方、矢野選手はわずかな飛行コースの違いで数m高度が足らず無念・・。テイクオフ前の集団に合流となりました。



選手の思いとは裏腹に、上空の高層雲は厚みを増していき、日照はどんどん弱くなっていきます。何とかしのいでいた選手も最後の滑空に入っていきます。最も北奥からアタックできた扇澤選手もB74シリンダーをカットすることはできず14.1kmでランディングを強いられることになります。あと1時間日照が続けば・・・タスクをコンプリートできていたでしょう。ゴール者はいませんでしたが、37名の選手がミニマム距離をクリアーしタスクは成立となりました。

27日(日)
西から接近してきた低気圧により朝から雨。終日降り続く予報に、残念ながらタスクはキャンセルが決定されました。よって、昨日のTASK1の結果が大会総合成績となり、10時からは大会閉会式と2016年PNL年間表彰が行われました。




2016四国三郎ジャパンカップ総合優勝は扇澤選手。2位は今年PWCレユニオンで10位入賞の廣川選手。3位は地元の稲見選手。そして4位は浜名湖のホープ中村選手!女子優勝は獅子吼の小森選手。2位は高嶺の田前選手。3位はバーズ河野選手でした。チーム戦はオレンジレーシングが優勝!オレンジのジャケットが目立っていました。賞品の愛媛のみかんも是非ご賞味ください。入賞された皆さんおめでとうございます。





そして、今回は四国三郎の名前にちなんだ49位と36位に飛び賞が用意されました。49位は同率38位でしたが、成績表への表記が49番目となった九州の赤尾選手。36位が不在だったため35位に繰り上がり、Coo岩崎選手が受賞です。こちらもおめでとうございました。




続いて、2016JPAナショナルリーグ年間ランキング表彰式が行われました。最終タスクは残念ながら大きな点数がつくタスクとはならなかったため、ランキング上位者の大きな変動はありませんでした。




2016年総合優勝はさすがの扇澤選手!女子優勝は小森選手。小森選手はN2Lランキング優勝も含め2冠を達成です。賞状とともに、副賞となる優勝賞金5万円が授与されました。チーム戦優勝は、圧倒的な強さでオレンジレーシングが勝ち取りました。みなさん、おめでとうございます。





詳しい結果はこちらから
総合:http://jpa.sakura.ne.jp/2016/rank_nl_all.htm
女子:http://jpa.sakura.ne.jp/2016/rank_nl_female.htm
チーム:http://jpa.sakura.ne.jp/2016/rank_nl_team.htm

最後に、この四国三郎ジャパンカップは長い歴史があり、JPA大会になっても2004年から開催が毎年続けられています。この三頭山エリアで開催することができるのも、地元美馬市、スポーツ協会の後援。そしてお手伝いいただけたスタッフの皆さまのおかげです。本当にありがとうございました。

来年2017年は11月11,12日に開催を予定してます。選手の皆様、お待ちしております。