選択されているタグ : 八方尾根ジャパンカップ

タグを絞り込む : 大会レポート

[test]白馬八方尾根Japan Cup(PNL/N2L) 大会レポート

レポート:前堀善斗

昨年残念ながら10月に八方尾根で行なう大会としては初めての不成立となってしまい、今年は必ず成立!とスタッフ一同、強い想いで望んだ今回の大会。
前日は久しぶりの快晴でコンディションも上々。
立山のレポートで藤野さんが書いていた不吉な言葉が頭をよぎります。
「前日が良いと本番はダメ・・・。」
予報も土曜日は雨、日曜日は曇り。それでも成立を信じて可能性を探り続けます。

大会1日目

予報通りの雨。
まずはスタッフミーティングからスタートです。日中は雨も止んで、雲底さえ上がれば飛べるようになる予報です。



8時から選手受付を開始して、晴れていればテイクオフで行なう予定の開会式でしたが、残念ながら雨なのでスクール3Fで行ないました。
競技委員長から諸々説明があり、タスクに向けて選手も準備万端。
JPA競技事業部(藤野氏)からGPSに関してブログでも説明があった内容に関してお話をしていただきました。

雨は比較的早くに止んだものの雲底が上がるまでにはまだしばらくかかりそうです。
ということで、朝早くからお集まりいただいた選手&スタッフにちょっと早めの昼食にカレーです。


ここは女性陣大活躍!!
普段見ることのないような大きな鍋いっぱいに作られた大量のカレーがものすごく食欲をそそる匂いを漂わせます。
美味しくカレーをいただき終わった頃にちょうど雲底も上がり始めテイクオフが見えてきそう!
ブリーフィングをして、選手&スタッフともにテイクオフへ移動開始です。
大会用のテイクオフまで雲底が上がるのは難しいと考え、ゴンドラ山頂駅横の通常テイクオフを使用することに。
雲底が上がるにつれてどんどん青空が広がりコンディションは好転。



タスクが発表されN2は13:15、ナショナルは13:40にゲートオープン
しかし、太陽が西に傾き始めると山側の雲で日射がどんどんなくなっていってしまいました。


好転した時間が遅すぎて、結局コンディションは続かず夕方に。
さらなる好転を期待してテイクオフ待機していた選手達もわずかな可能性にかけて次々と飛び出して行きますが撃沈。



穏やかなフライトとなってしまいました。残念ながら初日のタスクは不成立。
2日目は予報も良くなってきているので、期待!!
夕方からはレセプションパーティー(交流会)。
毎年バイキング形式でセルフで取りに来ていただいていたのですが、なんだかガツガツ競争して取り合う感があったので今年は変えてみました。おかず中心のお弁当に豚汁、炭焼き焼き鳥。確実な量が割り当てられてるので焦らずのんびりマイペースで交流会を楽しんでいただけます(という予想^_^;)。
皆さんいかがだったでしょうか?



交流会後半は今年大会と一緒にツアーをしているバンド演奏。




バンド名は『向藤 薫(むこうふじ かおる)』!!
昭和~平成のJ-POPや洋楽までこなすマルチバンド(^^)パラグライダー用に替え歌だってやっちゃいます!!
楽しい余興の時間ありがとうございました

大会2日目

予報に無い雨。雨音に起こされて愕然とした方も多かったでしょう。
雨が止んだあともなかなか上がらない雲底、霧雨小雨。
スタッフとタスクコミッティーは大会用のテイクオフまで車で上がり、様々な可能性に備えますが、どうも雲底がすぐには上がりそうにないので大会用テイクオフの使用は諦めて、通常テイクオフ(ゴンドラ山頂駅横)からの可能性に絞ることに。
その通常テイクオフも11時を過ぎてもまだ霧雨。しかし、最後まで諦めない!!その気持ちが通じました!!!
急速に晴れ間が広がり、12時にはコンディションは好転。
コンディションが続く時間は短いと考え、タスクはN2が15km、ナショナルが25.1kmのショートタスク。


N2のウィンドオープンは12:30、デパーチャーオープンが13:00。
ナショナルのウィンドオープンは12:45、デパーチャーオープンが13:15。
南東向きのエリアである八方尾根としてはかなり遅い時間からのスタート。


N2ナショナルの順にどんどんテイクオフしていきます。




あっという間にたくさんのパラグライダーで八方の空が彩られました。



しかし、デパーチャーオープンの頃、一気に渋くなり多くの選手がメインLDにランディング。しかし、まだリフライトのチャンスが残っているのでテイクオフに上がって行きリフライト。その時間を乗り越えたトップ選手たちは雲底が低い中、ジワジワと駒を進めていきます。
晴れてきた時間が遅く、なかなかコンディションが続かず、渋い渋いレース。
しかしさすがの扇澤選手、2位以下を大きく引き離しナショナルで唯一のゴール!
N2では田村選手がダントツで唯一のゴール!それぞれ1名ずつがゴールでタスクは文句なしに成立です!


ナショナル 扇澤選手
N2 田村選手
おめでとうございます!!そして、ありがとうございます!!!


今年は無事に表彰式を行う事が出来ました♪







N2女子の部は残念ながら同率順位でしたので表彰は無しとなりました。

選手&スタッフの皆様ありがとうございました!
来年もよろしくお願いします!!
来年はBIGなタスクが成立しますように!


[test]八方尾根ジャパンカップ2012 DAY3

朝、白馬は霧に包まれていましたが、その霧が晴れると今までの2日間を取り戻すかのような澄んだ青空に、きれいな白馬三山がくっきり顔を見せてくれました。

受付前に長い列を作っている選手の皆さんの顔にも、いよいよという期待の色が伺えます。
8:00の受付開始前に、仮タスクが発表になり選手は一斉にGPSへの入力をはじめました。


8:00受付開始され、選手も続々とテイクオフへ。9:45よりテイクオフでブリーフィングが開始され、競技委員長より本日の天候の説明などがありました。風は上層より下層の方が強めで、午後には八方ではおなじみの強めの北風が入る予想とのこと。10:00過ぎに1人目のダミーがテイクオフ。そのあとどんどん続き、風の様子を見ます。


その後発表されたタスクは、D73・T.O→B17・(1000mのエンタースタート)→B13→D74→B03→B31→D74→B28→D74→B23(2km)→A58(1km)ゴール

一斉スタート 63.5km八方・五竜・栂池と白馬、小谷村内の山々を巡る、大きなタスクです。ウィンドウオープン10:50、ディパーチャーオープンが11:20と発表になり、オープンとともに次々と色とりどりのグライダーが、空へ飛び立っていきました。振り向くと目線の先には、きれいな青空にたくさんのグライダー。圧巻でした。


11:20 全機が一斉にスタート。八方エリア目の前の三角パイロンを通過し、トップグループは栂池方面へと向かっていきました。渋いコンディションの中、いち早く八方にリターンしてきたのは、扇澤選手、宮田選手、大澤選手。低めの高度でしたが、八方で上げなおし佐野坂方面にいち早く抜けたのは、扇澤選手と宮田選手。たくさんの選手の方が山沿いで苦戦されている中、終始このレースを引っ張っていた2機のグライダーがいち早くD74八方ゴンドラ山頂からB23みねかたへ向かって飛び出してきました。

3:30頃ものすごい接戦で、ほぼ同時にゴールしたようにみえましたが、7秒差で扇澤選手が1位、宮田選手が2位でのゴール。(宮田選手はGPS計器トラブルでしたが)その後、扇澤選手はゴール上で高く上げ直し、八方ランディングへと帰っていかれました。


お二人に続いて稲見選手がゴールされました。みなさん、ゴールの後のお顔はすごく素敵でした。おめでとうございます。皆さんがそれぞれ、本部に帰着するころに予想された北風がはいりはじめました。


5:30にリザルトが発表され、外がすっかり暗くなるころ、ようやく閉会式がはじまりました。順位については、機器等の多少のアクシデントがあり、協議の結果最終的に順位の変更がなされました。

入賞された皆さんおめでとうございました。


最終日で大会も成立し、参加された78名の選手の皆さん、大会を裏で支えてくださったたくさんのスタッフの皆さんが誰も大きな怪我などすることなく、地元の皆さんのご協力もあり、無事終わる事が出来て本当によかったです。

皆様ありがとうございました。

レポート
小宮山 亜希子


[test]八方尾根ジャパンカップ2012 DAY2

昨夜から降り始めた雨は朝になりあがりましたが、薄い雲が多めのお天気。まだまだ雨雲の近づきが気になるところです。

朝8:00より受付が開始。通常ですと順次テイクオフへ移動になりますが、降水予報の情報を確認しながら、30分後に本部前でブリーフィング。

清水競技委員長より、「雨雲が近づいているので、お昼くらいからのレースを期待してとりあえず選手の皆さんはうさぎ平レストハウス横のテイクオフで待機し、天候の様子を見ましょう」という事になりました。


うさぎレスト横テイクに到着。選手は天候の回復を期待しながらウェイティング。その間、競技委員長、タスクコミッティ、セーフティコミッティも交えて、入念な話し合いがなされ、その後競技委員長から、やはり天候の回復が見込めないということで、本日のタスクキャンセルが発表されました。またまた明日に期待がかかります。


選手の皆さんはフリーフライトで降りる方、ゴンドラで降りる方様々でしたが、最後の選手がテイクオフされる頃には、やはり雨がぽつぽつあたりはじめ、その後は八方ランディング周辺も風が乱れ、タスクキャンセルは的確な判断だったと思います。

白馬はこの三連休、「いいなぁ~白馬フェスティバル」という、イベントも開催されており、タスクキャンセルは非常に残念でしたが、いつもの大会テイクオフではなく、うさぎレスト横のテイクオフからフリ―フライトとはいえ、色とりどりのグライダーが飛び立つのを、たくさんの観光客の方に間近に見ていただくことができた事は、よかったとおもいますし、私自身も普段使わせていただいているテイクオフからの選手のフライトを見る事が出来たのは、貴重な経験でした。


本部前では、選手の皆さんに温かいうどんが振る舞われ、みなさん美味しそうに食べていただけました。
                レポート By 八方尾根PGS


[test]八方尾根ジャパンカップ2012 DAY1

大会1日目(10月6日)

紅葉も上の方から少しづつ色付き始めている白馬で、『PNL第5戦 白馬八方尾根Japan Cup』が今年もはじまりました。

大会初日の空は高層に雲が張り、三山も見え隠れ。少し微妙な空模様です。6:30分くらいには、もう受付前には選手の皆さんの長い列が出来ており、にこやかにお話をされている方、緊張の面持ちで荷物を確認されている方、様々な中、7:00から受付が始まりました。


受付後、本部前でブリーフィングを済ませた選手は順次、テイクオフへ。10月三連休初日ということもあり、テイクオフへ向かうゴンドラ乗り場には長蛇の列が。大きなザックを背負った選手の皆さんに、登山者の方々も興味津々の様子でした。

テイクオフに到着し、選手の皆さんはそれぞれ準備開始。10:00から開会式とブリーフィングが始まり、前堀実行委員長のごあいさつ、清水競技委員長からのごあいさつ、ローカルルールの説明、初日ということで無線機のチェックなどがありました。


その後ダミーがフライト。日射が弱く少し渋いあがりです。雲も多く、午後には降水予報も出ているということを踏まえ、決められたタスクは、フリースタート、D73→A54→D74→A54→D74→B31→B21→A58  27.8km。

11:30にウィンドウオープン。最初に、続けて4名程の選手がテイクオフするも上りがいまひとつ、様子をみている選手はなかなか後に続きません。テイクオフの風もアゲインストですが非常に弱く、みなさんギリギリまで粘りながらも、+2時間のウィンドウクローズ前には全員の選手が無事テイクオフしました。しかし、本日はミニマム距離を超える選手がおられず、残念ながら大会は不成立となりました。

その後、本部前でレセプションがはじまり、選手の皆さんも明日に期待しながら
楽しんでおられる様子でした。